読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

misoharuのブログ

気まぐれに感じたことを書きます。

経営者に必要なもの

性善説性悪説のバランス


だと思っています。

極めて難しい。



人は結局、自分が一番大事なことが大多数ですが、大雑把に何段階かのレベルに分けられると思います。


1.何があっても誰かのためには死ねない

2.家族のためなら死ねる

3.大事な親友、彼女のためなら死ねる

4.友人、知人のためなら死ねる

5.知らない人のためでも死ねる


番号が浅い方が人数は多いでしょう。

経営陣は法に守られないため、常に不安と隣同士。国も誰も守ってくれない。

そんなプレッシャーの中、答えが見えない中経営するというのは、想像することもできない地獄の試練。


会社が潰れそうなとき、誰が残ってくれるのか、誰が助けてくれるのか、これに関しては人間性がでます。本性が。


一度裏切られた人間は、その後大きな何かか無い限り、2度と人を信じることはできないでしょう。それまで性善説で経営をして頑張ってきた人ほどダメージは大きいかもしれない。


だからその苦い経験を味わった人間が経営に復帰するとき、性悪説にひたすら走る。

ただひたすらに走る。

時にスーパーブラック企業に変貌を遂げる。


恋愛でも、最初は大多数のパートナーがみんな純粋で、ピュア。

しかし、浮気や破局を通じて、汚い部分を知っていく。

男は女遊びへ、女は金目当てへ。


女遊びをしてる人、金目当ての人ほど過去に深い傷を負っている可能性が高い。


浮気されても切り替えて次に進める人

人の大事な部分を見続けようとする人

なかなか希有な事例です。



組織を動かす上で本当に大事なマインドは

性善説に基づき信じること。

もう1つは、裏切られても良いという覚悟をもつ、つまり最終的に性悪説を受け入れる度量があること。


それでも一番辛い時に支えてくれるパートナーがいるならば、それは一生の友となるでしょう。


結局の所、裏切られるって言葉があんまり好きではなくて、真っ当な判断を下される、というのが正しいと思います。

裏切る側にだって守らなければならないものがある。



そんな人生の中で、本当に支えてくれる人達が何人いるのか、きっとそれが死ぬ間際の幸福度に比例するものと信じて、日々を過ごしています。